Archive for 8月, 2014

postheadericon 複合機リースの仕組みとメリットについて

企業や会社にとって複合機は仕事上なくてはならないものです。次々に新機種の複合機が出ますが、そのたびに買い換えていると設備投資が負担になってしまいます。できるだけ初期費用を抑えてクオリティの高い複合機を導入したい時は、リースを検討しましょう。

複合機のリースは、月々分割で使用料を支払うサービスですが、ローンとは違うので確認しておきましょう。リースの場合、扱う複合機はリース会社の所有物になりますが、ローンの場合は企業や会社の所有物になります。要するにリースは、月々の使用料を支払っていることになります。ローンは頭金の額や支払回数で月々の支払額が異なります。

メーカーが販売代理店に卸した複合機を代理店がリース会社に販売して企業や会社に貸すサービスをリースといいます。複合機をリースで利用した場合は、直接契約するのはリース会社になります。リースで複合機を利用する場合、色々なメリットがあります。

リースなら、新機種の複合機を導入する初期費用を抑えることができます。特に起業したばかりの会社は、設備投資の負担が軽くなります。月々の支払いで済ませることがきるので、大金を準備する必要がありません。

リースなら自動的に「動産総合保険」に加入します。火事、落雷、地震、津波、盗難、破損などを補償してもらえるので安心です。さらに、複合機の固定資産税を計上する必要がないので、税制上もメリットがあります。現在は企業や会社のほぼ8割前後がリースで複合機を使用しています。